汗がかかなくなる方法

綺麗と言われる方法!!

汗がかかなくなる。3つの方法!!

夏の季節に気になるのはやはり汗に関することでしょう。

そんなあなたに汗がかかなくなるとっておきの方法を紹介しましょう。

<リンパ節を冷やす>

★「首の後ろ」「脇」「左鎖骨の下」「太ももの付け根」「ひざ裏」という5つの部位を冷やす。

体温上昇の抑制には「リンパ節を冷やす」ことが効果的です。

首の後ろ、脇の下、膝の裏など、リンパ節のある部分を冷やすとよいでしょう。
その理由は、血液やリンパ液が冷やされるので体温上昇を抑制することができるからです。

方法は、ものすごく簡単で保冷剤や冷えたペットボトルでその部分を冷やすか、冷えピタをその部分に貼るなど、冷やして体温を下げていれば汗はかきにくくなるでしょう。

<パースピレックスを使う>

パースピレックスは、医療用の制汗剤です。
これを使うことで、脇汗を止めることができます。

<種類> 

パースピレックスには、いくつか種類があって脇用や手足用があります。
今回は、その中でも脇用について紹介しようと思います。

1・ロールオン・オリジナル
これは、最初に発売されたもので30年以上、いろいろな方が使用している制汗剤で世界的なベストセラー商品です。1回の使用で3~5日間効果が持続するとされています。

2・ロールオン・コンフォート
これは、1とは違い敏感肌用に開発された低刺激の制汗剤です。かゆみを抑える独自の工夫がされています。効果の持続時間は3~5日であまり1と変わらないです。

(私は、肌が弱いので2の方を愛用しています。)

<ひもで結ぶ>

紐で結ぶというのは、ある方法を使うのですが、舞妓さんを想像してみましょう。舞妓さんは、あれだけ厚着や厚化粧をして汗だくにならないのはどうしてでしょうか。

その理由は、半側発汗という圧迫法を使っているからです。

半側発汗について説明すると、身体の片側に圧を加えると反対の片側だけが発汗する、という作用が起こります。これによって、圧迫されている側の汗が減って反対側の汗が増えるという現象が起こります。

圧迫するところは、脇の下、胸から約5センチ上を紐で巻いて圧迫します。するとワキや顔から汗がぐっと少なくなります。

しかしこれには、個人差があるので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました